ゴルンゴがプラチナ目指して頑張るブログ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADCのマスタリー

SoloQ
  • comment0
  • trackback-
こんばんは。

最近ふとprobuildでプロの方のADCのマスタリーを見たら、
18/12/0 から 18/0/12 に変わっていたのに気がついたので今回それについてまとめます。
というかこれがこのブログを書こう!って思うようになったきっかけでもあります。
(自分が普段プレイしていて周りの人が未だにクッキーを持っていることが多かったので……)

1.マスタリー例 (他にも色々あります、ほんの一例です)ADC マスタリー1
(Ferocity(闘争本能)の一番上が聡明(APのやつ)に振られているのはドラリン ジンだからです)

ADC マスタリー2 ADC マスタリー3 ADC マスタリー4


2.自分なりにポイントだと思った点
2-1
スクリーンショット (58)
  • 吸血衝動(左)
ライフスティールとスペルヴァンプ増加 0.4%/0.8%/1.2%/1.6%/2.0%
  • 天賦の才(右)
攻撃力 Lv1時0.4/0.8/1.2/1.6/2.0 lv毎に0.09/0.18/0.27/0.36/0/45増加
魔力 Lv1時0.6/1.2/1.8/2.4/3.0 Lv毎に0.13/0.26/0.39/0.52/0.65増加

以前は吸血衝動に1、天賦の才に4振るのが主流でしたがどうも今はそうでもないらしいですね……
(勿論現在でもこのように振っているプロの方もいますが数は減っています)

ちゃんと統計を取ったわけではないですが、吸血衝動に5振る方が多いようです。


2-2
スクリーンショット (59) 改1 
  • 賞金首(左)
ここでは重要ではないので、詳細は割愛
  • 諸刃の剣(中央)
与ダメージ3%、被ダメージ1.5%増加
  • 闘争の愉悦(右)
敵チャンピオンと戦闘中の与ダメージが3秒間かけて最大3%増加

以前は諸刃の剣の選択が多かったと記憶してますが、現在は闘争の愉悦が主流
ジンやルシアンだと諸刃の剣を採用する人が少し増えるようです。


2-3
スクリーンショット (59) 2
  • ルーンの鎧(左)
自身が受けるシールド、回復効果、自動回復、ライフスティールの効果が増加
1.6%/3.2%/4.8%/6.4%/8%
  • 名誉の傷跡(右)
体力 +10/20/30/40

18/12/0時代では全く振られていなかった部分。(当然ですが……)
大多数は名誉の傷跡に5振っています。
私のような素人の考えだとルーンの鎧の方がレーン維持力が増して良さそうな気もするのですが、botの2v2で勝てるようにということなのでしょうか?


3.終わりに
 正直なところ、私では、プロの方が何を考えて細かくマスタリーを調整しているのか全然分からないです。
 マッチアップ・初手アイテム(ドラン剣orドラシ)なども強く影響しそうですが……

 もし何かヒントになりそうな部分があればコメントで是非教えて頂きたいです。







スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。