ゴルンゴがプラチナ目指して頑張るブログ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.14とライチャスグローリー

他の方の文章を読んでの感想
  • comment0
  • trackback-
こんばんは。
今回はtheScore esports様のこちらのページを読んでの記事です。
要約、翻訳ともにガバガバなので記事の内容に何か問題等あったらコメントでご指摘して頂けると幸いです。

1.(全然まとめきれてない)要約
 パッチ7.14が大きなメタの変化をもたらし、各チーム適切なチームコンプ、アイテム探しを頑張っている。7.14でタンクが最も購入しているライチャスグローリーはマナを使うタンクにとって万能な選択肢である。かつてはドランリングを3つ購入していたようなタンクが、その代替手段としてライチャスグローリーを選んでいる。グローリーの途中のグレイシャルシュラウドがarmor、CDそしてマナを安価で獲得できるアイテムである。
 
 マオカイ、チョガス、グラガスはグローリーを利用する度合いが高い。グローリーによって、こうしたチャンプは敵のバックラインに追いつき、CCで圧力をかけたり、ダメージを出すのを妨害したりできる。また、マナやCDの増加のおかげで、ウェーブクリアのためにスキルを連打したとしても、チームファイトでサイドないしはフロントラインに立つことができるだけのマナが残っている。ガーゴルストーンプレートのアクティブとのシナジーも優秀だ。

 また、ライチャスグローリーはばかげたほどに安い(2500gold)。アクティブを含めなくとも、コスパがよく(=アイテムのスタッツが優秀)、これにより、かなり早い時期にキャリーに対して有利がとれる。なぜならキャリーは序盤は効率の良くないアイテムを購入するからだ。
(以下括弧内、リンク内での説明+ブログ筆者の補足
 ADCの初手IEはIE単体で見るとあまり強くなく、他のAS・クリティカルアイテムが完成して初めて強い、効率的なアイテムになる。ADCのビルド選択で、王剣ルートや妖夢ルートを選ぶとパワースパイクが早く、IEを選ぶとレイトゲーム寄りになると言われる所以はここにあります。)

 上で挙げたチャンプ以外だと、ガリオがグローリーへのラッシュで恩恵を受ける。ナーフにより低下したウェーブクリアを支えられるし、W(タウント)の使用前にグローリーのアクティブを発動することによってW詠唱中のスローを打ち消せるが、それによって、タウント発動の前に敵に突っ込み、重いスローをかけることを可能にする。


2私見
 私見とか書いてますけど正直、正論だなぁぐらいの感想しかないですがw
マオカイやチョガスが競技シーンでもSoloQでも猛威を振るってますが、グローリーとほんとあってますよね。
 上で散々述べられたマナ・ウェーブクリアの話は勿論ですけど、エンゲージ能力の向上がほんとすごい。アクティブのMS増加によって、マオカイだとWの射程の短さをカバーできますし、チョガスだと敵をEの射程にとらえ、Eのスローやらグローリーのスローやらに加えて打ち上げまで決められますからね。
 ゴルンゴがグダグダ話しても仕方ないのでこれぐらいで。


あとこれは完全に余談ですが、


↑のランキングがかなり上がっていてとても嬉しいです。
応援してくれた方、ありがとうございます。

 それと、今のところ適当に良さそうな話題見つけて適当に更新してますが、この方向性で需要ありますか?
何か要望等あればそれに沿うよう努力したいとは思います。何かあればコメントください。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。